ハッピーエンド

不安が爆発するのを回避するためのもの

これって母性じゃん

わたしは整理整頓が一切できません

わたしの母も整理整頓が苦手です。なので整理された家に住んだことがありません。出したものをしまうどころか出すという行為すらありません。しまってないから出すことがないんだよ。

 

以前の職場の後輩はとてもお片付けが上手でした。わたしの机のものを躊躇なく捨てていき、引き出しには素敵な箱をセットして文房具を並べてくれました。机から得体の知れないものが出てくる度にわたしに「これはなんですか?」と冷たい口調で問うてきました。怖かったので被せ気味に「ゴミです!」と言いました。サッと受け取りサッと捨てました。ゴミ箱がてんこもりになりました。

彼女はとても優しくて強くて母のような存在でした。彼女の前ではわたしはもはや小2でした。なぜかその時これまでさまざまな人から君は生活力が皆無だと言われ続けてきた理由を理解しました。にゃむにゃむ。

あかさなやわ

行動起こす前に考え込んでしまって動けなくなる。失敗するのが怖すぎる。ネガティブ過ぎる。一生うじうじして過ごすのはもったいないのも分かってる。でも、でも、でもと言い続けていたらこんなに経ってしまった。自分を守るあまり自分を信じられなくなっていたんです。そしたら自分のことを嫌いになりました。

 

神様、わたしに勇気をください。

自分を愛せるようになりたいんです。

尻を拭ったわけではない

会社のトイレに入ると便器にうんこがへばりついていた。確かわたしの前に使っていたのは人間性が終わっているお局だったはず…。やはり人間性が終わってるだけあってこんなことできるんやな。わたしはそう思いながらクソを取りました。粘り強くへばりつくそいつは彼女の生き様に思えました。

そのあと仕事の件でお局うんこに話しかけたら無視された。

お前のうんこを掃除してやった人に対する態度か!?おい!?!?!!おーーーーい!!

 

と言えるようになれたらな。今日の空はもっと綺麗に見えるんだろうな。

夜中に読むと買っちまう

12時過ぎてから1巻無料漫画を読み漁るとめちゃくちゃいいやんって漫画と出会います。そして夜中の勢いで買うのです。しかしながら夜中の勢いなもので記憶が薄い。あれれ。この本はいつ買ったのかね?と手元に届いた本を見て思います。今日も今日とて読み漁り、最高じゃん!って漫画と出会えますように。

前世を見る的な

最近病みに病んでいてもう自分じゃどうにもできねーよってなり、救いを求めてネットを彷徨っていたところ前世療法なるものを見つけました。催眠療法的な感じで時を遡り自分を見つめ直す的なスピリチュアル臭が満載かつ価格設定もなかなか強気なので躊躇いましたが藁にもすがる思いで予約してみました。

 

当日

マンションの一室で行うようで訪ねると中から30代半ばくらいの優しい雰囲気の女性が迎えてくれました。今日わたしはこの人に色々曝け出すのです。ドキドキするぜ。

部屋は白や薄い緑色の家具で統一され、真ん中にリクライニングチェア的なものが置いてありました。YouTubeで「リラックス BGM」と検索すると出てきそうな音楽も流れていました。

案内され椅子に腰掛けました。はじめに前世療法とはどういったものかという説明があり、その後は悩みについてとか自分の性格についてとかいくつか質問されました。

質問が終わり一息ついていよいよ開始です。女性が誘導してくれ催眠状態に入っていきます。

「体と意識を切り離した状態にします。体は重くなり意識はどんどん軽くなります。」という感じで女性がわたしに語りかけます。ここでわたしの悪い癖が出てしまいました。こういう真剣な場面でどうしてもふざけたくなってしまうのです。わたしは自分の体と知らないおっさんを切り離すイメージを繰り返し行いました。わたしの体から知らないおっさんがふわーっと抜けていくイメージです。かなり真面目に強くイメージしました。どんどんおっさんがふわーっとなっていきます。

いきなり女性が「なんでおっさんを切り離すの!?」とわたしの両肩をグワッと掴んでたのです。予想外の出来事にわたしは状況が飲み込めず声が出ませんでした。非常に気まずい空気になり、流石に続行は無理すぎたのでお会計をして帰りました。

 

今になって思い返すとあの人は本物でした。

美しい日に

起きた瞬間息苦して動きたくなかった。

こんなに悲しいことが連続して起こる未来があったなんて。異常事態なのではないのでしょうか。この国はしあわせになれるのでしょうか。

日に日に空気は乾いて空は高くなり過ごしやすいはずのこの時期が物語の中みたいで現実味を感じない。しばらく経ってから実は全部嘘でしたって言われたら信じると思う。やっぱりあんなのおかしいよねって。

恩返し

人に何かしてもらうと何か返さなくてはいけない気がして怖いです。返せてないからわたしは友達がいないのではないかとか、何をしたらこの人は満足してくれるのかとか、周りの人はそういうことが普通にできてるのかとか考え過ぎて親切を素直に受け取れません。考え過ぎて何もできないです。あとになって何故しなかったのかとひたすら反省するのです。反省すると余計に臆病になって何もできず縮こまるのです。